学資保険の知識

学資保険の元本割れの商品の返戻率を確認するには?

学資保険は子供たちにかかる将来の学費を保障できるので、子育て家庭の多くが加入している保険ですが、払った以上に支払われるどころか、元本割れする場合もあります。

元本割れする保険商品なら、保険に入らず銀行の貯蓄に回すほうが得策です。

学資保険が元本割れするかどうかを計算せずに、自分でいくら支払っていくら受け取れるかを知らずに加入する人は多いですが、元本割れしたら意味がないので要注意です。

FPで元保険販売員の立場から、学資保険はどうして元本割れするのか、元本割れしない学資保険を選ぶにはどの点に注意すべきなのか、学資保険に入る前に知っておきたいポイントを紹介します。

学資保険が元本割れする理由は?

元本割れする学資保険を調べてみると、契約者が死亡すると保険金の支払いが免除されるなど、保障が手厚くなっている場合が多いです。

契約者が死亡、または重度障害が残った場合、学資保険からは満期まで支払われる育英年金があります。

学資保険にはさらに子供の入院保障など保障がついているため、元本割れする保険商品が多いです。

学資保険を選ぶ時は安心のために保障が手厚いものにしたいところですが、保障だけを考えれば元本割れして、結局は損をする可能性が高いです。

学資保険に加入する時は払戻金がいくらになるのか計算をして、元本割れしていないか確かめてから加入しましょう。

学資保険の元本割れで問題になった訴訟とは?

学資保険の元本割れで訴訟となったのは2013年10月、大阪に住まいを持つAさんはS生命の外交員が元本から大きく増えると言われて学資保険に加入しましたが、実際は満期の時に元本割れしました。

AさんはS生命側から元本割れのはっきりした説明がなかったと訴訟を起こし、元本割れの金額全額を生命保険側が弁償するということで決着が着きました。

この裁判によって、S生命側は保険の外交員たちに学資保険の仕組みをお客様にしっかり説明するような教育をしてなかったことがわかりました。

保険の外交員の言葉を信じて学資保険を契約する人は多いので、保険会社側は外交員が学資保険の仕組みを理解するよう教育し、外交員は元本割れのリスクもしっかりと説明する義務があります。

ところが自分の利益を考えて、中にはこのように元本割れのリスクを説明しない外交員もいるので、自分で基本的な知識を身につけておきましょう。

元本割れしない学資保険を選ぶために知っておきたいことは?

選んではいけない学資保険は?

学資保険を選ぶ時は、まず返戻率を計算する必要があります。返戻率は次のような計算式で表すことができます。

[aside type=”boader”]

返戻率 = 給付金受取総額 ÷ 保険料支払い総額 × 100

[/aside]

学資保険の返戻率が100%以下のものは元本割れするので、元本割れしていないか計算してから元本割れしない学資保険に加入するようにしてください。

元本割れしている学資保険を調べると子供の医療保険がついていることが多いです。

学資保険に医療保険がついていれば安心と考えがちですが、子供の場合は医療費助成制度があるため、中学卒業まで医療費を無料にしている地域があるので、医療保険の特約ついている商品は避けたほうがよいです。

選びたい学資保険は?

学資保険を選ぶ時にもっとも重要なものは返戻率ですが、子供の医療保障や親が死亡または高度の障害が残った場合の育英年金がついていないシンプルな学資保険を選ぶことをオススメします。

医療保障や育英年金については、学資保険ではなく生命保険などで準備しましょう。

シンプルな学資保険だと、保障が厚くないために満期で支払われる金額もそれほど多くありません。

ところが死亡した時に学資金を受け取れるというメリットもあるので、できれば積立と学資保険を両立させて、子供の学費を考えることが一番です。

元本割れする学資保険に加入した後でもできる解決策は?

学資保険にすでに加入済で、計算して元本割れすることがわかった場合、学資保険に加入したことを後悔しますが、返戻率を上げる解決法があるのでお試しください。

医療保障の特約を解約する

加入した学資保険の内容を調べると、子供の医療保障が特約が付いている場合があります。

医療費助成制度があるため子供の医療費はほとんどかからないので特約としてついているだけなら、特約を解約すれば支払う保険料を削減できます。

医療保障以外にも不必要な保障が特約でついている場合があります。

掛け捨てとなりそうな特約はないほうがいいので、保障内容を一度見直して、本当に必要なものかどうか考えてください

祝い金を据え置きする

学資保険では中学入学、または高校入学と進学する時に祝い金が出るタイプのものが多いです。

中学や高校入学時にはある程度お金がかかりますが、大学入学の比ではありません。

祝い金を据え置きできれば、大学入学時にまとめて利息がついた保険金を受け取れるため、受取額の総額を上げられます。

保険料を月払いから年払いに変える

保険料は月払いにしている人は多いですが、保険によっては年払いにすると保険料が割り引きになる場合が。

計算してもらって年払いに変えたら保険料が下がるようなら、支払い方法を年払いに変えたほうがよいです。

月払いから年払いにすると、支払い時期には家計に負担が大きくなる時期ができますが、総額を下げるためには効果的な方法なので、切り替えを検討してください。

学資保険は保険のプロに相談比較しながら選ぼう

学資保険の返戻率は自分で計算できても、特約についてなど契約内容について素人ではわからない点は多いです。

一見同じようにみえる学資保険でも、オススメとそうでないものがあります。

数ある中から比較検討して最も自分にあっている学資保険を選ぶには、FPなど保険を知り尽くしている保険のプロに相談することが効果的です。

保険見直しラボのFPはどこかの保険会社の商品を強く勧めてくることはないです。

中立的な立場で数ある学資保険の中から厳選して提案してくれて、それぞれのメリットやデメリットをきちんと説明してくれるので、自分に合う保険を選ぶことができます

保険見直しラボのお金の専門家であるFPに相談して、後悔しない学資保険を選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?学資保険は入れば安心と思う人は多いのですが、元本割れする商品も多数あるので、加入する前に必要なポイントを押さえておきましょう。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。
関連記事
学資保険の知識

学資保険の受取人はだれにする?契約者は父親と母親どちらがよいのか

2019年10月29日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
学資保険に加入するとき、受取人は誰にするべきか迷いますよね? 学資保険ってことは子どもを受取人にするべき?それとも契約者がいいの?そもそも …
学資保険の知識

学資保険の基礎知識 | 必要性と返戻率、メリット・デメリットを解説

2018年7月17日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
お子さんが生まれて、学資保険に加入しようと検討する人は多いでしょう。 ところが学資保険とはどんなものかを知らない人は、本当に学資保険は必要 …
学資保険の知識

学資保険に税金はかかる?満期の申告や対策を現役FPがわかりやすく解説

2020年1月28日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
学資保険で子どもの学費に備えている親御さんで、意外と知らないのが満期保険の税金についてです。 お祝い金や一時金などまとまったお金を受け取る …