学資保険ランキング

学資保険の口コミおすすめランキング 最新版 | 加入するならどの保険?

子供たちが社会人になるまでにはかなりの学費がかかります。大学を卒業までにかかるお金を考えると、学費を払ってあげられるか不安を感じている親は多いです。

将来、子供の学費が払えないということのないように、多くの人が検討しているのが学資保険です。

しかし学資保険はいくつもあって、どの学資保険が良いのか考えてもわからないので悩むでしょう。

多くの人に選ばれているオススメの学資保険はどこの学資保険なのか?人気ランキングを紹介しますので学資保険選びの参考にしてください。

最後まで読めば、学資保険に正しく加入するために必要な情報がわかるでしょう。

\ P R / >>ソニー生命学資保険プレゼントキャンペーン中

学資保険を選ぶ前に加入する目的を決めよう

学資保険は二つの役目があって、一つは契約者の死亡に備える保障と、もう一つの役目は学費を貯める貯蓄です。

加入すればいいというものではなく、受け取りのタイミングや返戻率など確認して加入しないと、本当に必要な時に資金を受け取れないということにもなりかねません。

学資保険の場合は貯蓄として考える人が多いので、加入する際にきちんと理解しておきましょう。

学資保険についてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので、をこちらも参考にしてくださいね。

学資保険を選び方で大事なのは返戻率

学資保険は多くの子育て家庭が利用している保険ですが、払ったお金が受け取れるどころか、マイナスになって返ってくることがあります。元本割れするなら、もちろん保険よりも貯蓄のほうがいいでしょう。

しかしそのことを知らずに加入している人はかなり多いです。だから、学資保険に加入する際は必ず返戻率の計算してから加入しましょう。

学資保険の返戻率についてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので、こちらも参考にしてくださいね。

学資保険は本当に必要な保険?

前章でもお伝えしましたが、学資保険はあくまでも元本割れしないものを選ぶことが前提です。しかし果たして学資保険は本当に必要でしょうか?

子育て家庭は学費が必ずいる時がやってきますが、教育資金は学資保険だけではなく、他にもいろいろな金融商品で貯めることができます。

そこのポイントを押さえた上で、余裕のある資金で学資保険に加入しましょう。

学資保険の元本割れしない商品選びはこちらの記事でも詳しく紹介していますので、参考にしてくださいね。

ここからは元保険外交員、FPの立場から人気の学資保険の特徴を比較して、オススメの学資保険をランキング形式でご紹介します。

1位 学資保険 ソニー生命 学資保険

ソニー生命公式サイトより引用

ソニー生命の学資保険では受取のパターンを2つから選ぶことができます。中学、高校、大学と進学に合わせて学資金を受け取るタイプと、大学へ進学する時にまとめて大きな金額の学資金を受け取るタイプです。

まとめて学資金を受け取るタイプの場合は払戻金は受取の回数が少ない分だけ高くなります。ソニー生命の学資保険は払戻率が高いことから、貯蓄性の高い学資保険として人気を集めています。

しかし人気があるのはまとめて学資金を受け取るタイプを利用した場合のみです。まとめて受け取るタイプは、出生前140日前から5歳まで加入できます。一括払いなら7歳まで加入可能で、満期は17歳、18歳、20歳、22歳の4つがあります。

保険料払込免除は他の学資保険では特約として付加することが多いのですが、ソニー保険学資保険は最初から付加されているため、親になにかがあった時に学資金は100%受け取ることができます。

ソニー生命学資保険は5年ごと利差配当付学資保険です。

運用している株式や債券で得た利益を配当金という形で5年ごとに支払われるため、配当金をそのまま原本に組み入れれば運用資金は増え、将来のためにとても効率の良い貯えとなります。

ソニー生命の学資保険に加入している方の口コミ・評判

  • 子供が生まれたので将来大学に進学する事を考えて学資保険を探し、払戻率が高いソニー生命学資保険に決めました。中学入学や高校入学に祝い金を受け取るタイプの学資保険は多いですが、それよりもまとめて最も出費が多い大学入学に一括受取ができるため、満足しています。(30代女性/パート/主婦)
  • 子供が大学に入るかどうかはわかりませんが、お金を受け取るタイミングや払戻金など、ライフスタイルに合わせて選ぶことが出来るソニー生命学資保険に決めました。学資保険には医療保障が充実しているものが多いのですが、その分だけ進学時にもらえる費用が少なくなります。しかし、ソニー生命学資保険は保障内容を絞って進学費用を多くもらえるように設定しているため、良いと思います。(20代男性/既婚/会社員)

\ P R / >>ソニー生命学資保険プレゼントキャンペーン中

2位 学資保険 富国生命 みらいのつばさ

2人目の子供が生まれた時、上の子供と同じように学資保険に入ろうと思っても、保険料が2倍になることはかなり厳しいです。

しかし富国生命みらいのつばさなら、2人目の子供から保険料が割引になる兄弟割引を利用することが出来るため、2人以上の子供のいる家庭に富国生命みらいのつばさは人気です。

学資保険は払戻率が気になりますが、富国生命みらいのつばさは払戻率も100%を越えているため安心の保険です。

受取方法は分割のステップ型か一括のジャンプ型の中から選ぶことができます。

ステップ型は3歳、6歳、12歳、15歳、18歳、20歳、22歳の7回に分け、祝金と満期保険金を受け取ります。ジャンプ型は18歳と22歳の2回に分けて祝金と満期保険金を受け取ります。

払戻率は受取回数が少ない分だけ保険料が下がっているジャンプ型のほうが高いです。

ステップ型にするかジャンプ型にするかは途中で変更ができないため、加入時によく考えてから選ぶ必要があります。

ステップ型、ジャンプ型共に保険料の払込期間は17歳で終わるため、大学に入っている間の保険料はかかりません。

富国生命のみらいのつばさに加入している方の口コミ・評判

コストパフォーマンスを考えて学資保険を探していたのですが、我が家ではみらいのつばさが一番高いと思って加入しました。期間と保険料の支払い方に寄って払戻率は変わってきますが、それでも他の学資保険よりかなりお得だと思います。(40代女性/既婚/会社員)

兄弟とも富国生命みらいのつばさに加入しています。こどもの教育費は兄弟別々に考えたかったのですが、どうしても2倍かかると支払がつらくなります。けれどこの保険ならば兄弟割引を利用して安い保険料で高い保障を受けることが出来るため、非常に満足です。(30代女性/既婚/主婦)

3位 学資保険 アフラック 夢みるこどもの学資保険

家族のライフスタイルや将来設計に合わせて払込期間などを選択できるところが魅力の学資保険が、アフラック夢みるこどもの学資保険です。

アフラック夢みるこどもの学資保険は、大学入学時に基準学資年金額として通常の年金の倍の金額をもらうことができ、その後、大学2年、3年、4年と年金をもらうことができます。

高校入学時にも一時金を受け取ることは可能ですが、より多くのお金が必要となる大学入学に合わせて多くの金額を受け取れるよう、プランが組まれています。大学は学部によって学費はかなり異なります。

夢みるこどもの学資保険は受取総額を120万円から1500万円まで設定できるところも魅力の一つです。これなら、医学部や歯学部、獣医学部など学費が高い学部に入るかもしれない子供の家庭でも安心です。

もう一つのメリットは、保険の支払いにクレジットカードを利用することが出来る会社は少ないのですが、アフラックではクレジットカードを支払いで利用すればポイントを付けれるので、ポイントをためたい方にオススメです。

アフラックの夢みるこどもの学資保険に加入している方の口コミ・評判

  • 保険料の支払いを早く開始できること、そして保険料が安いことを検討するポイントとして探したのが、アフラック夢みるこどもの学資保険です。生命保険料控除になるメリットも、子供が生まれる前から受けることができたため、保険料がかなり助かりました。(30代男性/既婚/自営業)
  • アフラック夢みるこどもの学資保険の10歳払込プランを選びました。保険料は上がりましたが払戻率は非常に高いため、入ってよかったと思っています。アフラックは柔軟にプランを組むことが出来るため、自分にあう選び方ができたのも他にはない良さだと思います。(30代女性/既婚/主婦)

4位 学資保険 明治安田生命 つみたて学資

明治安田生命つみたて学資は、15歳振込などの短期払出来るところが魅力です。

他の学資保険の場合は払込期間が17歳、18歳が多いのですが、10歳、15歳にすることで保険料の総支払額は安く、払戻率は高くしました。払込期間が短くなると保険料はその分だけ高くなるため、お金に余裕がない家庭にはオススメできません。

だから今払える時に払ってしまいたい方、お金に余裕がある家庭にはオススメの保険です。お金に余裕がある場合は、全期前納払いにすることができます。貯蓄性を考えるとトップの学資保険だといえるでしょう。

つみたて学資はガンになった場合に保険料が払込免除になるという特約がついています。まだ親が若い場合はガンなどの病気について気にならない人が多いですが、ガンは2人に1人かかる病気と言われているため用心が必要です。

この特約をつけることで保険料は少々高くなりますが、ガンになった親戚が多いガン家系の方は安心のためにつけておいたほうが良いでしょう。

つみたて学資は一番お金がかかる大学生活に学資金を支払うようにプランを組んでいて、18歳、19歳、20歳、21歳で受け取ることが出来るため、毎月の授業料などを不安に感じなくてすみます。

明治安田生命のつみたて学資に加入している方の口コミ・評判

  • 学資保険は長くお付き合いすることになるため、名前を知っている保険会社にしようと思って選んだのが明治安田生命つみたて学資でした。内容をよく見ますと、ガンになった場合に保険料が免除になるという特約が魅力だと思いました。親類にガンになった人が多いので、子供のために安心を買っています。(20代男性/既婚/会社員)
  • 払戻率が高いと入ったのが明治安田生命のつみたて学資です。15歳まで払い続ければ18歳になってから受け渡ししてもらえるため、娘が大学に入りたいといった時に苦労すること無く学費を支払うことができそうなので、これからも払い続けていこうと思っています。(30代女性/既婚/パート)

5位 学資保険 かんぽ生命 はじめのかんぽ

郵便局のかんぽ生命は全国にあることから知名度が高く、安心して入ったという方は多いです。

かんぽ生命の学資保険は以前払戻率が100%を切っていたことから不満に感じていた方もいましたが、現在は100%を越えているため払戻率が高い学資保険へと変化しました。払戻率をさらに上げるために短期払込もできます。

はじめのかんぽは12歳払い済みを可能にし、中学に入学する12歳までに支払いがすべて終了します。

高校や大学など教育費がかかる時期の保険料の負担はなく、安心して生活することができます。妊娠6ヶ月目から加入できるところも魅力です。

かんぽ生命の学資保険は満期の受取を3つのコースから選ぶことができます。大学入学と小中高大学の入学時、大学入学時と大学在学中の3つの中から、ライフプランに合わせて自分たちのタイミングで受け取ることが出来れば助かります。

かんぽ生命学資保険に加入している方の口コミ・評判

  • 12歳の時はまだお金がかからないため余裕があります。そのときに学資保険を支払い終われば後は楽になりますが、他の学資保険にはない12歳払いがかんぽ生命学資保険にはあるので、貯蓄もできて非常に家計が楽になりました。(20代女性/既婚/会社員)
  • 財務が安定しているところが一番だとかんぽ生命の学資保険に入りました。何よりも安心が一番だと思います。(30代女性/既婚/パート)

6位 学資保険 日本生命 ニッセイ学資保険

学資金を一括で受け取るのではなく、適宜に何回かに分割して受け取りたい方にオススメの学資保険が日本生命ニッセイ学資保険です。

一度に学資保険を受け取ると使い込んで大学生活中にお金がなくなってしまうこともありますが、分割して受け取れるため、大学卒業までそのような心配はありません。

保険料の払込は最短5年に設定できるため、保険料が安くなり払戻率は高い保険となっています。

ニッセイ学資保険はこども祝金なし型と祝金あり型から選ぶことができます。「こども祝金なし型」は、大学入学地、そして大学生活中に分割して学資金を受け取ります。

「こども祝金あり型」はそれに加えて小学校、中学、高校入学時に祝金を受け取れますが、その分だけ払戻金が下がるため、多くの人がこども祝金なしタイプを選択しています。

ニッセイ学資保険は子供と契約者両方に加入年齢の制限が設けられています。子供は出生前140日から6歳まで、契約者は男性なら18歳から45歳、女性は16歳から45歳です。

払戻率が高い以外のメリットとしては、育児相談ホットラインを利用できます。育児には悩みがつきものですが、加入者は育児相談ホットラインは24時間365日、小児科医や看護士に悩みを相談できます。

日本生命のニッセイ学資保険を利用している方の口コミ・評判

  • 学資保険をいくつか比較検討したのですが、利率が一番高かったため日本生命ニッセイ学資保険に加入しました。日本生命という知名度の高い保険ですので信頼性が高く、これから子供が大きくなるまでお世話にならなければいけませんが安心です。(30代男性/既婚/会社員)
  • 学資保険に加入した後は特にサポートを受けることができない学資保険は多いのですが、加入した後もサポートを受けることが出来るので、日本生命ニッセイ学資保険ならば安心だと思って入りました。育児相談ホットラインも利用できることからアフターサービスの手厚いところも気に入っています。(30代女性/既婚/パート)

まとめ

オススメの学資保険を6商品紹介しましたがそれぞれに特徴があり、学資保険では一番気になる払戻率も高いものばかりです。

子供が生まれたばかり、または子供が生まれる前から大学に入学するかどうかはわかりません。

ところがいざとという時にお金が用意できないということのないように、ライフスタイルに合わせてどの学資保険が良いか検討しましょう。

\ P R / >>ソニー生命学資保険プレゼントキャンペーン中

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。

FPで元販売員がオススメ!

保険相談サービス 保険見直しラボ

「保険相談はしてみたいけど、勧誘をされてたらいやだし、どこがいいのかわからない・・・」

店舗ではなく、自分の希望する場所、自宅やカフェで保険相談できる訪問型の無料保険相談サービスが「保険見直しラボ」です。

保険見直しラボは、FP(ファイナンシャルプランナー)が取扱保険会社30以上を取り扱っている、日本の大手保険代理店です。
採用基準は業界の経験者で、平均業界年数は21年という、他社と比較してもベテランで優秀なファイナンシャルプランナーが揃っています。

ムダのない保険の見直しをするには、最終的に担当のFPによって決まるので、保険の相談は保険見直しラボで無料相談することを強くオススメします!

保険見直しラボの詳細はこちら