学資保険の知識

学資保険の特約は加入するべき?もとから付帯している保険もあるの?

子どもが生まれると学資保険の加入を検討する人も多いのではないでしょうか。

子供の将来に向けて無理なく教育資金を貯蓄できて、親に万が一のことがあった時でも学資保険に加入していると安心です。

学資保険によっては返戻率が100%を越えるものもあり、ただ貯金でお金を貯めるよりも少しでも増えるのであればと考え、学資保険に加入する人が多いのです。

学資保険に「特約」を付けるかどうかは誰もが迷いますよね。そもそも特約とはどんな内容になるのか?特約を選ぶ時のポイントを説明します。

学資保険の加入を考えているけどできるだけ損したくない、ムダなく教育資金を貯めたいと思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

学資保険の特約とは?

学資保険は会社によってシンプルに教育資金を貯める専用のものもあれば、同時に医療保障の特約を付けることもできます。

この学資保険にプラスして付ける保障が特約になります。

契約者の万が一を考えるからこそ、特約に加入するべきなのでは?と思う人も多いはず。

ただし特約によっては加入することで返戻率が元本割れになる可能性があり、学資保険を教育資金だけで考えるのか、もしくは返戻率が下がっても保障してくれる内容が手厚い方を選ぶのかによっても変わります。

ようは学資保険に何を求めるのかによっても内容を変えられます。

学資保険の特約の4つの種類についてFPが説明

学資保険の特約は種類があり、保険会社によっても異なります。

まずは主な特約について紹介します。それぞれの特徴を比較しながら本当に必要なのか検討してみましょう。

1. 払込免除特約

学資保険ならではの特約でもある払込免除特約は、学資保険の契約者である親が亡くなってしまったり、高度障害になった時に、払込期間が終了していなくても、その後の保険料をの支払いを免除してくれる特約です。

両親のどちらの名義にするのかによっても変わりますが、特約の中でも多くの人が加入しています。

万が一の事態が起きないのが一番ですが、それでも満期金やお祝い金を受け取れるので子供の進学に備えられます。

2. 育英年金特約

学資保険の中にもともと含まれている場合とオプションで付ける場合があるのが育英年金特約です。

契約者である親が亡くなったり、高度障害になった時に所定の期間だけ育英年金を受け取れます。

保険の死亡保障と同じものになるので、他の保険と比較した上で本当に必要かどうかを考えましょう。

育英年金特約をオプションで付けると、元本割れしてしまうことも多いので、付けないことをオススメします。

3. 医療保険特約

契約者ではなく子どもが入院や手術をする時に給付金を受け取れる特約です。

子どもはいつ体調を崩したり、ケガするかわからないので、もしもの時に備えた保険と考えるといいのですが、そもそも医療保険に別に加入している場合は必要ありません。

医療保険特約に入っているとその分返戻率が下がってしまうので、管理の兼ね合いでまとめている人以外は、学資保険に医療特約は必要ないと思います。

学資保険の返戻率を下げてしまい、学資保険に加入する意味がありません。

4. 災害特約・傷害特約

不慮の事故によって損害を受けてしまった時に、保険金を受け取れる特約です。

事故に関係する内容でないと、どんなに入院や手術が必要になっても特約は有効ではありません。

損害保険は安価な値段から入れる商品も多いので、災害特特約をわざわざつけなくてもいいのではないでしょうか。

これら4つが主な学資保険の特約になります。

特約をつければ付けるほど学資保険としての貯蓄性が低くなってしまうので、真剣に検討してから特約の有無を考えることをオススメします。

学資保険の特約は本当に必要なの?

学資保険の特約は基本的にはムリに付ける必要はないと思います。そもそも学資保険は教育資金を貯金するために支払っている保険です。

特約を付けることで元本割れしてしまうケースも多く、満期の保険金額が下がることが考えられます。

特約の医療保険の内容を見てみると、医療保険をメインに行なっている保険会社と比較してもそのサービスの割合が少なく保障金額も少なめです。

子どもに関しては公的医療制度が充実しているので、地域によって多少の差はあるにしても医療費が一定の年齢までかからない場合も多く、窓口の負担金が発生しません。

災害特約や傷害特約には子供の死亡保障などもついていますが、そもそも子どもが死んでしまっても生活が苦しくなるわけではありません。

そう考えると特約への加入は本当に必要なのか悩んでしまいますよね・・・。学資保険の特約は、保険に何を求めるのかを基準に選ぶようにしましょう。

教育資金を貯めるのが目的であれば、元本割れしてまで保障を追加する必要はありません。むしろ満額でもらえないのがもったいなくなってしまいます。

学資保険の特約は他の医療保険や損害保険などで賄えるので、本当に必要かどうかをしっかりと検討して決めましょう。

まとめ

いかがでしたか?学資保険の特約は、加入済みの他の保険の保障内容を確認してから付帯することをオススメします。

自分で判断するのは難しいので、保険の専門家であるソニー生命のライフプランナーに相談しましょう。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。
関連記事
学資保険の知識

学資保険は本当に必要?元本割れしない学資保険の選び方とは

2017年3月18日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
学資保険を選ぶ時は元本割れをしない商品を選ぶのがポイントです。実際に元本割れすると知らずに加入している人が多いです。 学資保険は本当に必要 …
学資保険の知識

学資保険をおすすめしない3つの理由とは?必要性とメリット・デメリットは

2019年9月9日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
子どもの教育費を効率よく貯めるために、学資保険を検討している親御さんは多いのではないでしょうか。 子どもが大人になるまでに高額な教育費がか …
学資保険の知識

ソニー生命の変額保険終身型バリアブルライフの実力と評判

2017年12月23日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
変額保険というとあまり聞きなれない保険ですが、ソニー生命では将来のインフレに対応したユニークな生命保険を販売しています。 ソニー生命の変額 …