学資保険の知識

学資保険は何歳まで加入できるの?オススメの加入時期をFPが徹底解説

子どもが生まれて、将来の教育資金のために加入するのが学資保険です。

学資保険は何歳まで加入できるの?子どもが大きくなってきたけど、今からでも加入できるのかな?

学資保険のことは以前から気になっているけど、日々の子育てや生活に追われて、なかなか調べる時間がない・・・。

という声をよく聞きます。

学資保険は加入する時期によって、満期金の受け取り時期や保険料、返戻率、受け取れる金額も大きく変わってきます。

この記事では学資保険に加入できる年齢、加入するベストなタイミング、オススメの加入時期について現役FPの立場から説明します。

学資保険はいつまで加入できるの?

学資保険に加入する際は、子どもの年齢だけでなく、契約者となる親の年齢の制限があります。

まずは年齢が条件を満たしているかどうかを確認しましょう。

ここからは子どもと親が学資保険に契約できる年齢を紹介します。

子どもは何歳まで学資保険に加入できるの?

学資保険は保険会社がそれぞれ出していますが、年齢によって加入の制限があります。

未就学児である0歳から6歳が加入年齢です。それ以降は学資保険に加入できなくなるので要注意です。

中には例外的に、それ以降も加入できる学資保険もあるので、後から紹介します。

なぜ加入できる時期が決まっているのか?

加入時期が決まっている理由は、学資保険は毎月の保険料を積立てていき、満期で学資金を受け取るからです。

学資保険の満期は18歳と22歳という設定が多く、生まれてすぐに加入したら、18年または22年で払込と運用の期間ができるのです。

生まれてすぐに加入しない場合は、加入年齢が遅れた分だけ払込期間と運用期間をかけられます。

6歳過ぎてから加入できる学資保険はあるの?

アフラックの学資保険「夢見る子供の学資保険」は7歳まで、ソニー生命の「学資金準備スクエア」は9歳まで加入することができます。

かんぽ生命の商品は12歳までで、その他、12歳過ぎても加入できる保険もあります。

学資保険に加入する子どものベストな年齢とは?

結論から言うと、学資保険に加入する年齢は早ければ早いほど払込と返戻率の点から見ても有利です。

なぜなら、学資保険に加入する期間が長くなれば、それだけ返戻率が高くなり、払込期間も長く取れるからです。

子どもの年齢だけでなく、契約者の年齢も早ければ早いほど良いです。なぜなら、親も子どもも若ければ若いほど返戻率は高くなるからです。

例えば、子どもの年齢が6歳よりも0歳で加入したほうが返戻率が高くて、契約者が35歳よりも25歳のほうが返戻率は高くなります。

逆に年齢が上がってから加入するメリットはほとんどありません。

ですから、学資保険に加入するならば、同じ加入するなら早めに加入したほうがオトクです。

出生前特則という制度によって、子どもについては生まれる140日前から加入できるので、オススメの加入時期は妊娠中です。

出生前から学資保険に加入するメリット

学資保険は出生後に加入するものではなく、保険会社にもよりますが、140日前から加入できます。

出生前に加入するメリットは返戻率だけでなく、子どもが生まれる前にじっくり検討して保険に加入することができるところです。

ネガティブなことは考えたくないですが、妊娠中、配偶者にもしものことが起こることがあるかもしれません。

その際に学資保険に加入していれば、払込免除特約があるので、万が一のことがあっても子どもさんは学資金を受け取ることができるのです。

学資保険以外にも学資金を積み立てることはできますが、出産してからは安静が必要になり、家事や育児などにも時間が取られます。

まずは学資保険への加入を考えているという方は、時間がある妊娠中に学資保険を比較して検討しましょう。

学資保険に加入する親の年齢制限はあるの?

ここからは学資保険に加入する際の契約者の年齢制限を説明します。

親である契約者の加入年齢の制限について

学資保険は子どもの年齢制限と、親の年齢制限もあるので、加入できるかどうか確認しましょう。

契約者の年齢制限の一番下は男性が18歳、女性が16歳と、法律で婚姻関係が結べる年齢と同じになります。

一番上の年齢は、男性が60歳、女性が65歳です。保険の支払いは死亡や事故のリスクに対して、保険料が上がります。

保険は年齢に伴う危険保険料が上がれば貯蓄率が下がるので、こういう点からも、学資保険に加入するのは、なるべく若い時に加入するほうがよい条件で加入できるのでオトクになります。

学資保険の加入は子どもと親も早めがオススメ

ほとんど学資保険は出産予定日の140日前から加入できるので、なるべく妊娠中に加入することをオススメします。

年齢が若いほど、保険料は安くなり、払込期間が長くなることで返戻率を上げることができます。

一方、学資保険は加入年齢が高くなると、年齢に伴う危険保険料が高くなるので、契約者も子どもも早めに加入したほうが有利です。

まとめ

いかがでしたか?学資保険は子どもも親も、なるべく早く加入したほうがメリットが多いです。

時間が経つほど返戻率が下がり、選択肢が少なくなっていきます。

教育資金は必ず必要になるので、パートナーと早めに話し合ったり、検討するようにしましょう。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。
関連記事
学資保険の知識

学資保険と終身保険(低解約払戻金型)はどちらがオススメ?現役FPが違いを徹底比較

2017年9月24日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
子供にはお金が用意できないからという理由で、将来やりたいと思っている夢をつぶすわけにはいきません。 ぜいたくをさせるわけではありませんが、 …
学資保険の知識

学資保険は月々いくら保険料を払えばいいの?現役FPが平均をシュミレーション

2019年11月8日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
子どもの将来のために教育資金を効率的に準備できるのが「学資保険」です。 毎月一定額を積み上げていくので、ムリなく計画的に貯蓄できます。 せっ …