子育て費用

学資保険とジュニアNISAを比較したメリット・デメリットは?FPがシュミレーション!

子どものために将来の学費を貯めておきたいと思っているママ・パパにとって、少しでも返戻率が高かったり、オトクになる商品を選びたいものです。

学資保険にするべきか?ジュニアNISAも貯蓄するにはいいな~なんてどちらを選ぶべきか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

学資保険とジュニアNISAは、それぞれメリット・デメリットがあります。

どちらにするかなかなか決められないあなたに、特徴を説明しながら選び方のポイントをFP目線から紹介していきます。

学資保険とは?3つの特徴

学資保険は文字通り、子どもの学業のために資金を貯めることを目的にした保険です。

まずは学資保険の特徴から説明していきますね。

1. 万が一の場合に保険料の支払いが免除になる

学資保険の最大の特徴はなんといっても安全性の高さにあると思います。

貯蓄を目的として加入する商品ではありますが、あくまでも保険です。ほとんどの学資保険に生命保険機能がついています。

最も一般的なのは「保険料払込免除」です。学資保険の契約者に万が一のことがあったときに、保険料を支払うことなく保障を継続できます。

学資保険の契約者は家庭でも所得の多い人が多く、万が一のことがあると保険料の支払いも難しくなってしまいます。

子どもの将来のために貯蓄したい親が万が一になった時のための免除制度でもあります。

2. 学資保険は貯蓄性が高い

銀行にお金を預けていても利息がほとんどない時代に、少しでもお金を増やしたいと思う人にとっても学資保険の返戻率は魅力的です。

以前に比べれば学資保険の返戻率は減少の傾向にありますが、銀行に預けるよりはお金が増える可能性があります。

学資保険に契約した子どもの年齢や払込期間・払込方法(月払い・年払い)などの契約条件によっても変わります。

なかには107%以上の返戻率のものもあり、学資保険を貯蓄性の高さで選ぶ人も多いようです。

3. お金を確実に貯蓄できる

子どもの学費は1,000万円ともいわれるように、高額なお金がかかるからこそ確実に貯めていきたいものですよね。

気軽に引き出せる銀行に預けておくと、そのお金を使ってしまう可能性があります。

学資保険は一度契約すると気軽に引き出すことはできなくなりますし、貯蓄が苦手でしっかり貯められるか不安・・・なんてパパ・ママにとっては学資保険がいいかもしれません。

また学資保険で支払った保険料は生命保険料控除の対象になるので、所得税で最大4万円・住民税で最大2.8万円が控除となります。

ジュニアNISAとは?3つの特徴

ジュニアNISAはあくまでも長期的に運用したうえで教育資金を貯蓄するものです。

非課税枠を利用した投資手段でもあり、ジュニアNISA口座を使うと譲渡益や配当金・分配金などが非課税としてオトクに受取ができるのです。

1. 年間80万円が最長5年間非課税になる

ジュニアNISAで使える上限金額は、年間80万円になります。投資した金額が80万円以下の場合でも残りを繰り越すことはできません。

また、ジュニアNISAの口座で購入した投資信託や株式REITなどは5年間まで非課税となります。

2. 子ども限定で利用できる制度である

ジュニアNISAは誰でも利用できる制度ではなく、日本国内在住の0歳~19歳の未成年のみが利用できます。20歳を過ぎると通常のNISAが利用できるようになります。

ただ子どもがお金を運用するのは難しいので、口座運用管理は原則「親権者」が行います。

口座の名義は子どもになり、運用するのは親なのが他の金融商品と大きく違う特徴かもしれません。

3. 口座からお金を引き出す日時が決まっている

ジュニアNISAは、原則子どもが18歳の11日を迎えるまで口座からお金を引き出せません。

どうしても支払いが難しくなり、口座を廃止する人もいますが運用して出た利益の全てが課税対象になってしまうので、途中で解約するのはできれば避けたいものです。

また、口座を運用中に災害の被害にあってしまい引き出すときは、課税されないケースもあります。ジュニアNISAは子どもの生活を守るための制度です。

学資保険とジュニアNISAのメリット・デメリット

学資保険とジュニアNISAのメリット・デメリットについて説明します。

学資保険のメリット・デメリット

先程も説明しましたが、学資保険のメリットといえば契約者に万が一のことがあったときに払込免除でき、保険料の支払いをせずに設定した金額が受け取れることにあります。

そのため基本的には支払った保険料以上の金額が受け取れるように設定されているのです。

学資保険のなかには医療特約などの保障の付与を選択できるものもあります。お子様がケガをしてしまったときに保険金が支払われます。

学資保険のデメリットとして、支払っている途中で解約する場合、返戻率が下がり元本割れの可能性が出てしまうことです。

また学資保険の商品によっても返戻率が変わりますし、付加できるとはいえ、医療特約をつけてしまうと返戻率が下がってしまいます。

ジュニアNISAのメリット・デメリット

ジュニアNISAのメリットといえばやはり収益が非課税であることだと思います。

運用して出た利益を税金で引かれることなく受け取れるのは、やはり大きなポイントです。専用の口座を開設して投資信託・株式などに投資します。

投資先の選び方に失敗しなければ大きく資産を増やすこともできるのです。

ジュニアNISAのデメリットですが、一度ジュニアNISA専用の口座を開設してしまうと、金融機関の変更ができなくなります。

変更ではなく新設もしくは廃止であれば、別の金融機関でジュニアNISAの口座を開設することもできます。ただし廃止する口座に預けていた配当金は課税対象になります。

ジュニアNISAで子どもの学費の積立を考えているのであれば、「この口座で問題ないのか?」十分に検討した上で決めるのをオススメします。

学資保険とジュニアNISAでそれぞれシュミレーション

学資保険とジュニアNISAに加入したと想定した、それぞれのシュミレーションから比較していきましょう。

学資保険のシュミレーション

子どもは0歳、契約者は父親で30歳と想定します。学資で受け取る資金総額を200万円とした場合、払込保険料総額は189,560円となり返戻率は約105.5%です。利益は105,440円増えたことになります。

払込期間は10年間としているので、毎月の保険料の支払いは15,788円とそこまで高くありません。

10年間の払込期間にすると中学に進学する前に保険料の払込が終了すること、短期集中型で支払いが出来る分、目標を持って払い続けることができます。

同条件で学資保険に加入すると考えると一番返戻率の高い学資保険です。

学資保険は支払う期間が短ければ短いほど、返戻率が高くなる傾向にあります。とはいえ、家庭によってもどの学資保険のプランに入るべきなのか、迷うと思います。

学資保険は子どもの将来の学費を貯める大切なものですし、入ってから後悔しない学資保険を選ぶようにしてください。

ジュニアNISAでシュミレーション

ジュニアNISAはどの投資方法を選ぶのかによっても変わります。

子どもが0歳(初手卯月完了後)、資産形成も兼ねて国内外の債権に分散投資を行うジュニアNISAにしたとします。毎月5万円を1年間で60万円払い続けます。

想定できる利回りは3%、積立期間を10年間と仮定します。すると10年後には600万円が貯蓄でき、運用収益は98.7万円にもなります。

ジュニアNISAでも将来の目標とする金額と、毎月どのぐらい積立られるのか?何年積み立てるのかによっても変わります。

毎月かける金額をある程度にしないと運用益でも大した収益が得られないので、貯蓄を目的に考えるのであればある程度まとまった金額をジュニアNISAで貯蓄すると考えたほうがいいかもしれません。

ジュニアNISAを始めるには?

さて、いよいよジュニアNISAを始める場合にどんな手続きが必要なのか見ていきましょう。

まずジュニアNISAで投資を始める為には「証券会社の口座」が必要になります。この口座の変更は一度開設してしまうとできなくなるので注意してください。

そもそも証券会社には対面をメインに行う「総合証券」、対面ではない分手数料が安く口座管理料もかからない「ネット証券」があります。

ネットだと困ったときに相談できないイメージがあるかもしれませんが、メールや電話で相談できるなどサポートも充実しています。

あなたが証券会社に何を求めるのかによっても変わりますが、開設すると変更ができないのでじっくりと検討するのをおすすめします。

どこの証券会社か決めたら手続きにどんな書類が必要なのかを確認します。ジュニアNISAの場合は「親権者」「子ども」のマイナンバーカードが必要になります。

もしくは通知カードでも問題ありません。子どもが生まれると役場にて手続きを行い後日自宅に郵送される流れになります。

証券会社が税務署に申請を行い口座開設が完了したら、ジュニアNISAをスタートできます。

手順は証券会社によって変わりますが、難しいものではありません。多少の手続きに時間がかかるので注意してくださいね。

学資保険とジュニアNISAはそれぞれどんな人におすすめ?

学資保険とジュニアNISAにそれぞれ説明してきましたが、メリット・デメリットがわかったところで、それぞれどんな人にオススメできるのかを紹介します。

学資保険がオススメの人

学資保険はこんな人にオススメです。

・投資経験がなく安全性を重視して教育資金を貯めたい

・毎月コツコツ貯蓄して少しずつでも確実にお金を貯めたい

・親に万が一のことがあったときに子どもの学費を保障して欲しい

・満期金を受け取る前に子どもの進学時に「お祝い金」が受け取りたい

学資保険は安全性を重視する人やコツコツお金を積み上げて行きたい人にオススメします。

満額時にどのぐらいの教育資金を受け取りたいのかによっても変わりますが、200万円ほどの金額であれば、月々の支払額は1万円~2万円程度とそこまで負担になる金額ではありません。

毎月この金額を積み上げて行くことによって、子どもが大学に進学するときなど必要なときに学費の足しにすることができます。

300万円、400万円など学資の満額時の金額を調整できるのも学資保険ならではです。

また学資保険は支払いがパパ・ママだけでなく、祖父母が支払っているなんて人もいます。

学資保険で返戻率を高くしたいなら、一括払いの選択もおすすめします。

ジュニアNISAがオススメの人

ジュニアNISAはこんな人におすすめです。

・とにかく元本よりもお金を増やしたい!投資経験が豊富

・多少のリスクはがあっても問題なし、投資に挑戦してみたい

・長期のスパンで運用することに抵抗がない

・資金的にも余裕がある

ジュニアNISAは、高い収益性を期待できるメリットがあります。でも運用方法が成功したとしても、もともとの元本が少ないと得られる利益も少なくなります。

また、ジュニアNISAは子どもが18歳になってからの11日まで貯蓄したお金を引き出すことができません。

子どもの教育資金を残してあげたいと思っていても、運用するお金に余裕がないと途中で解約しなくてはいけなくなってしまいます。

比較的資金に余裕のある人が運用しないと、途中で解約して元本割れを起こしてしまう可能性があります。

何か予想外の事態が起きたときに使える、お金を確保して運用する必要があるのです。

まとめ:学資保険とジュニアNISAの違いとは?FPが徹底比較!

子どもの教育費を貯める為の学資保険・ジュニアNISAについて説明しました。

そもそも学資保険は保険会社にお金を預けるものになり、ジュニアNISAは証券会社に口座を作って投資をするものです。

まずこの点に大きな違いがありますね。また貯蓄を開始できるタイミングにも違いがあり、学資保険に入る方のなかには出生前から加入するケースもあります。

それに対してジュニアNISAは、赤ちゃんが生まれ出生届を出したあとにマイナンバーの通知カードが届かないと手続きができないなどの違いもあります。

学資保険はあくまでも保険なので保障面もしっかりとしていること、契約者に何かあったときに支払いを免除してくれます。

学資保険は契約するときに将来受け取る金額が確定するので、それ以下になってしまう心配がありません。

返戻率が100%を切る学資保険もありますが、高い返戻率の保険もあります。

ジュニアNISAは資金的に余裕があったり、とにかくお金を増やしたいと考えている人におすすめします。なかには学資保険とジュニアNISAの両方に加入している人もいます。

あなたにあった最適な方法でお子さんの教育費を貯めていきましょう。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。