学資保険の知識

学資保険と終身保険(低解約払戻金型)はどちらがオススメ?現役FPが違いを徹底比較

子供にはお金が用意できないからという理由で、将来やりたいと思っている夢をつぶすわけにはいきません。

ぜいたくをさせるわけではありませんが、子供が将来困らないように親としてはしっかりお金を用意しておいてあげたいですよね。

教育資金のために保険を利用するのは効果的な方法です。

教育資金なら学資保険でしょう?という人もいるでしょうが、もう一つ利用している方が多いのは終身保険(低解約払戻金型)です。

学資保険と終身保険(低解約払戻金型)のどちらを選んだらよいのでしょうか?子供の将来を考えているママさん、パパさんのために、2つの保険のメリットとデメリットを調べました。

学資保険のメリットとデメリットとは?

学資保険の3つのメリットとは?

メリット1 支払い中に親が亡くなっても給付金が出る

学資保険は保障がついているところが最大の魅力です。

学資保険に入って保険料を払うのはよいですが、不安なのは自分が亡くなって保険料を払えなくなった時にどうなるかということです。

けれど学資保険ならば、支払いの途中で親が亡くなったとしても保険金が支払われたり、それ以降の保険料の支払いが免除されるので安心です。

さらに子供が所定の年齢に慣れば給付金が支払わるので、子供の将来の学費についても心配しなくても問題ありません。

メリット2 遺したお金を確実に子供の教育資金として使うことができる

親が亡くなった後、預貯金として残ったものについては遺産相続としていろいろな手続が発生します。

いくらお金が残っていても、遺産分割が終わるまではお金を引き出すことはできません。

その点、学資保険で子供にお金を遺すのであれば、確実にお金が子供に渡され教育資金として使われます。

自分が遺したお金を確実に子供のために使いたい場合は、学資保険に入っておくと安心です。

メリット3 計画的に教育資金を貯めることができる

子供のためにお金を貯めようと思っても、毎日生活をしていると実際には思うようには貯められないものです。

余ったお金を他のことに使ってしまうことも多く、将来のためにお金を計画的に貯めることはなかなか難しいでしょう。

貯金することが苦手な人にとって頼りになるのは学資保険です。

学資保険に入れば保険料として毎月納めることになるので、計画的に教育資金を貯められます。

学資保険の2つのデメリットとは?

デメリット1 解約すると元本割れを起こすためにお金が長期間拘束される

学資保険は長期間払いを続ければ子供のために確実にお金を貯られるのはうれしいことですが、途中で解約するとマイナスになる可能性が高いので注意が必要です。

学資保険は10年、または18年など長期にわたる保険です。途中で解約できますが、そうすればプラスになるよりもマイナスになってしまいます。

お金を貯めるために学資保険を始めたのにマイナスになるのでは入った意味がありません。長い年月の間には何が起きるかわかりません。

子供のために払い続けようと、学資保険への加入を検討している人も多いでしょう。

学資保険は途中で解約することなく、絶対に払い続けようという強い意志と、生活に無理がない状態で払えるか事前に確認することが必要です。

デメリット2 将来インフレになった場合に損をする可能性がある

18年間の学資保険に入った場合、利回りはその間固定されることになります。

低金利の状態で18年間続くのであれば学資保険に入っておいたほうがオトクですが、もし途中で将来インフレになると利回りが固定されている分だけ損をする可能性があります。

将来の景気はどうなるかは全く見当がつきません。

インフレになっているのに低金利の状態のままのため、大きな損をする可能性はないとはいえません。

学資保険を子供の教育資金のためだけでなく、確実にお金を増やすためも考えているなら損をする可能性があることも知っておきましょう。

終身保険(低解約払戻金型)のメリットとデメリットとは?

終身保険(低解約払戻金型)の3つのメリットとは?

メリット1 一部だけ解約するなど受取の方法を自由に変えられる

自分の子供が将来大学まで行くのか、留学するか、手に職をつけて早く独り立ちするか、先のことはわかりません。

しかし学資保険だと保険料をもらえる時が決まっていますし、お金が必要だからと途中で解約をすれば、かなり損してしまいます。

その点、終身保険(低解約払戻金型)は、その時々に応じて自由に保険を変更できるという魅力があります。

たとえば、子供の学費として今大きなお金が必要になったという場合に、一部だけを解約して後は積立を続けるなど、フレキシブルにできるから利用しやすいです。

メリット2 子供がいないときから保険に入ることができる

結婚してすぐなのでまだ子供はいないけれど、将来生むだろう子供のために早いうちからお金を用意しておきたいという人もおられるでしょう。

子供が生まれてない状態では学資保険に入ることができません。

けれども終身保険(低解約返戻金型)ならば、子供が被保険者である必要はないので、自分を被保険者として子供のためにお金を貯れます。

メリット3 控除が受けられるので節税対策になる

終身保険(低解約返戻金型)の保険料として払った額は、所得控除を受けられるので加入すれば節税対策できます。

もし途中解約した場合でも、払戻金として受け取ったお金のうち50万円は控除枠が設けられているので税金はかかりません。

教育資金のためにお金をためて、節税対策もあるので、終身保険(低解約返戻金型)に入るのはただ給与の中から預貯金としてお金を貯めるよりもプラスになることは多いです。

終身保険(低解約返戻金型)の2つのデメリットとは?

デメリット1 急にお金が必要になった時にうまく対応できない

終身保険(低解約返戻金型)ですから、長期に渡って払い続けるものです。

将来はどんなことがあるかわからないので、教育資金のためだけでなく、何かの理由で急にお金が必要になることも。

そんな時でも慌てないくらい預貯金に余裕があればよいですが、解約もできないけれどお金もないという状況になる場合もあります。

保険であるゆえに、お金が必要になった時にすぐに対応できないところがデメリットです。

デメリット2 途中解約は場合によっては元本割れする危険もある

どうにも払い続けられなくなった、他にもよい保険があったので保険を変更したなど、いろいろな理由で途中解約を考える人がおられるでしょう。

保険料の支払いが満了になっていれば問題はありませんが、途中解約となると払ったお金がそのまま戻ってくるわけではなく、元本割れする可能性は高いです。

だからと言って、苦しい時に途中解約しないわけにはいきません。今まで払ってきた分が元本割れする危険は想定しておきましょう。

いずれも保険に加入するならお早めに

学資保険、または終身保険(低解約払戻金型)にしても、メリットもデメリットもあることがわかりました。

デメリットを考えると加入しても良いものか考えてしまいますが、なかなか先の長い将来のためにお金を自分だけの力で貯めるのは難しいです。

保険に入っておくと保障が得られるので安心です。デメリットはありますが、自分がなくなってからも、子どもたちが目指す将来に向けて進んでいけるように、保険に入ることは大切です。

学資保険、または終身保険(低解約払戻金型)にするのか、子供の将来を考えて夫婦で話し合い、早めに保険に入るようにしましょう。

まとめ

教育資金を保険を貯める方法は学資保険だけではなく、終身保険(低解約払戻金型)などの様々な方法があります。

いずれの保険も途中で解約してしまったら意味がありません。加入する前に調べて自分の家族にあった保険に加入したほうがよいです。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。
関連記事
学資保険の知識

学資保険は何歳まで加入できるの?オススメの加入時期をFPが徹底解説

2020年1月17日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
子どもが生まれて、将来の教育資金のために加入するのが学資保険です。 学資保険は何歳まで加入できるの?子どもが大きくなってきたけど、今からで …
学資保険の知識

学資保険とは?わかりやすくメリット・デメリットと必要な学費の総額をFPが解説

2017年2月16日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
すでに学資保険に加入している人、子供が生まれて学資保険には入らないと思っている人は多いのですが、実際に学資保険をよくわかってない人はけっこう …
学資保険の知識

学資保険の基礎知識 | 必要性と返戻率、メリット・デメリットを解説

2018年7月17日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
お子さんが生まれて、学資保険に加入しようと検討する人は多いでしょう。 ところが学資保険とはどんなものかを知らない人は、本当に学資保険は必要 …