生命保険

女性保険とは?積立型と掛け捨て型を比較して女性保険の選び方をFPがわかりやすく解説

最近は女性向けの「女性保険」が注目されるようになり、保険会社でも力を入れています。

女性保険という保険はよく耳にするけど、どんな保険なのかよくわからないという人は多いです。

また、女性保険の種類はたくさんあるので、何を基準に選べばいいのかわからず悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

女性保険に加入する際に積立型にするか掛け捨て型にするかで迷っている人は多いでしょう。

保険料などの毎月の費用面はもちろん、通院・入院時・手術による保障内容などできるだけ低コストで保障内容が充実している商品がいいですよね。

しっかり者の女性ほど掛け捨て型はもったいないと思う傾向が見られますが、積立型医療保険は本当にオトクなのでしょうか?

今回は女性保険とは何か、また選ぶ時のポイント、積立型医療保険と掛け捨て型医療保険についてFPが徹底的に比較するので、ぜひ参考にしてくださいね。

女性保険とは

女性保険はシンプルに女性だけ加入できる「医療保険」のことをいいます。

医療保険に「女性疾患の特約」がついている保険で、子宮がん・卵巣がん・乳がんなどの年々増加している女性ならではの病気に対して手厚い保障をしてくれるものです。

一昔前は夫が大黒柱となって働く時代だったので、女性の保険加入率は少ない傾向にありました

ところが現代では特に働く女性が増え、女性疾患などの病気に対しても認知度が高くなり、いざという時に備えた女性保険に加入する人が増えているのです。

女性保険は名前こそ聞きなれませんが、つまりは医療保険です。

保険に対してどんなことを求めるのか、どんなサポートがあって、入院・手術・特約などの有無など、本当に必要なのかを検討した上で決めることが大切です。

また女性特有の病気は主に30代から急激に増えていきます。

妊娠・出産などの人生の大きなイベントもありますし、早めに加入しておきましょう。

一度でも病気になってしまうとその病気に対して保障されなくなり、条件付きでしか保険に加入できなくなってしまうのです。

ほとんどの保険は「告知義務」と呼ばれるものがあり、5年前まで遡った上で病気やケガなどを告知する義務があります。

女性保険に加入を検討している人は早めに加入して、病気になってしまった時に安心して治療を受けれるように備えておきましょう。

女性保険を選ぶ時のポイントは?

それでは、女性保険を選ぶ時はどんなポイントに注意して選べばいいのでしょうか。

女性の保険だからと考えすぎずに、自分にとって必要な保険の内容かどうかで判断しましょう。

また会社の社会保険や厚生年金に加入している場合、基本的な保障は保障されているので、過剰に保険に入りすぎ内容にしてください。

高額な保険に加入するよりも貯蓄などに回したほうが備えられるはずです。

つまり、女性保険の加入はバランスが大切だといえるでしょう。

1 女性疾患の対象範囲について

女性保険で一番ポイントとなるのは女性疾患の対象範囲についてでしょう。

実は保険会社によって保障対象となる範囲が異なり、A社では保障してくれる内容でもB社では保障対象外となってしまうこともあります。

女性に多い病気でどこまで保障してくれるのか把握した上で加入することが大切なのです。

例えば女性の疾患として多い子宮がん・卵巣がん・乳がんなどは保障される保険会社が多いのです。

ところが甲状腺機能障害や低血圧などの病気については、保険会社によって保障される場合とそうでない場合があります。

一覧で表示されていますので必ず確認するようにしてくださいね。

またがんになったときにどこまで保障してくれるのかは、それぞれ保険によっても変わります。

入院は何日まで保障してくれるのか?また診断一時金は出るのか?手術や先進医療はどの程度の範囲なのかについても確認しておきましょう。

2 保障の上乗せ

保険の中には保障に対して毎月の保険料を上乗せすることで、より手厚い保障内容がつくものがあります。

医療保険の基本的な保障は以下の2つがあります。

  • 入院した時の入院給付金保障
  • 手術の際の手術給付金保障

これに特約としては、以下のような4つの保障があります。

  • 女性特有の病気の際に入院給付金が増額される保障、
  • 先進医療を受けた場合は先進医療技術料相当額を受け取ることができる保障
  • がんに対する保障
  • 死亡時の保障

特約は必要に応じて追加できますが、必ずしも追加する必要はなく、特約を付加することで当然保険料も高くなるので、必要なものだけにとどめておきましょう。

手厚い保障がつくにこしたことはありませんが、毎月の保険料が高く生活を圧迫してしまうと本末転倒です。

保険の上乗せを検討する時は保険料と保障内容のバランスが大切です。

女性特有の疾患だからといって、高額な費用がかかるかというとそんなことはありません。

ですから、上乗せ部分はムリしてつける必要はありません。

基本的には社会保険や厚生年金などの基礎保障の中でも十分にサポートしてくれるのです。

3 お祝い金の有無

女性保険で多いのが5年や10年などの一定期間で更新するタイプの保険です。

病気・ケガも含めて入院日数が規定の数よりも少ないと5万円程度のお祝い金がでる保険もあります。

ボーナスみたいでなんだかうれしい制度ですよね。

このお祝い金の基準は保険会社によって異なり、継続して10日以上の入院がないことなど基準が変わるので、加入時に確認しておきましょう。

お祝い金が出るのは主に掛け捨てタイプの保険になります。

掛け捨てタイプの場合毎月の保険料は安いのですが、その分支払った料金が戻ってこないタイプの保険になります。

お祝い金があれば全額ではないにしても、一部でも支払った料金が戻ってくればうれしいですよね。

しかも継続して10日など大きな病気をしない限り、その基準も厳しくないので支払対象外になってしまうことも少なくないのです。

女性保険の積立型とはどんな保険?

女性保険の積立型はどのような保険なのでしょうか?

積立型医療保険は払い込んだ保険料の一部、または全額が保険加入者に戻ってくるというものです。

保険をかけていても、保険料が全額戻ってくるならタダも同然なのでは?と思ってしまいます。

ただしこれには当然条件があり、もし入院や手術で保険金が支払われた場合は該当しません。

あくまでも期間中ずっと健康で、保険金が支払われないことが条件となります。

女性保険の積立型のメリット・デメリット

積立型医療保険のデメリットを挙げてみました。

  • 途中病気などで保険金が支払われると還付金が少なくなる
  • 途中で解約すると解約返戻金が支払った総額を下回る可能性が高い
  • 商品が少なく選択肢が少ない
  • 保険料が高い

メリットは支払ったお金が戻ってくることです。

期間の途中にボーナスまたは、満期時に「生存給付金」「お祝金」等として還付されます。

また保険料が高いのはデメリットですが、支払った金額が多いと年末の生命保険料控除を受ける金額も多くなります。これはメリットと言えます。

女性保険の掛け捨て型のメリット・デメリット

では女性保険の掛け捨て型のメリットとデメリットについても確認しておきましょう。

まずはデメリットとしては、病気やケガ等何もなければ支払った保険料は一切戻ってきません。

そしてメリットは以下の4つになります。

  • 保険料が安い
  • 保険商品が豊富で選択肢が多い
  • 解約しても返戻金が出るわけではないので解約
  • 他の医療保険への切り替えが自由にできる

女性保険は「掛け捨て」と「積立」の特徴

保険を選ぶ時に必ず迷うのが掛け捨てか積立型のどちらがいいのか?ではないでしょうか。

掛け捨ては基本的に医療保険に重点をおいたもので、月々の支払いが安い分返戻金などがありません。

その分保険商品が多いので自分で保障しない内容を組み合わせたりして手厚い保障を作ることもできます。

積立型の場合毎月の保険料は高いもののその分支払った保険料を病気やケガの保障もしながら積立られられる、数年後とのボーナスなどがある保険もあります。

貯金をするのが苦手な人にもオススメです。

どちらの保険にするのかは毎月の保険料で決めてみてもいいでしょう。

特に20代・30代と出費が多い時期に無理してまで高い保険料を支払うことはありません。

手元に現金が合ったほうが安心できますよね。

保険をかけていると銀行のように手軽に引き出すことができません。

生活に支障がない程度の保険料であること、それでいて病気やケガをした時の保障をしっかりと受けられるものを選びましょう。

結論!女性保険は掛け捨て型がオススメ

女性保険に加入する際は、掛け捨て型をオススメします。

同じ保障内容で積立型と掛け捨て型を比較した場合、入院が少ない場合は積立型の方がトータルの保険料が抑えられることもあります。

しかし入院が平均的~多い場合や平均よりも長生きした場合は、掛け捨て型の方が負担が少なくなります。

一見掛け捨て型はもったいない、全部戻ってくるなら月々の保険料は上がっても積立型の方がオトクと思われがちですが、それは病気やケガ等一切なく健康であった場合のみです。

女性は妊娠や出産、また女性特有の病気として卵巣や子宮、乳房の病気などが発生する可能性があり、生涯を通して入院や通院がないほうがまれと言えるでしょう。

もし何等かの病気やケガで保険金が支払われてしまうと、積立型でも戻ってくるお金は当然減ってしまいます。

ポイントは、病気やケガで入院や手術になった時にしっかり保障してくれるかどうかです。

医療保険と積立を切り離し、掛け捨て型は保険料が安く済む分、その差額を積立しておいた方が堅実です。

まとめ

いかがでしたか?女性保険は選び方次第で、もしものことがあったときに、あなたの生活をしっかりとサポートしてくれます。

自分にあった保険を選んで、いざという時に後悔しないようにしましょう。

女性特有疾患の余分な特約はつけず、うまく組み合わせるとコストパフォーマンスがよくなりますよ。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。