生命保険

女性保険は本当に必要なの?女性保険の種類や特徴をわかりやすく説明します

女性特有の疾患や妊娠・出産などのライフサイクルに合わせた「女性保険」が注目されています。

病気になった時の治療代はどうすべき?高額な手術代の準備は?など女性なら誰でも心配になってしまいますよね。

女性は男性よりも、20代・30代・40代と年を重ねる度に女性ならではの疾患も多くなるので、早いうちから保険に加入して、もしもの時の備えることをオススメします。

それでは、数ある女性保険の中から何を基準に選べばいいのか、また保険ごとの違いや、口コミ・評判などを紹介していきます。

女性保険とは

女性保険とは、女性保険という名の医療保険です。女性だけの病気やがんに特約や手厚い保障がセットされた保険のことです。

女性保険の内容としては、医療保険の基本保障されています。

しかし、女性特有の子宮がん、乳がんや妊娠高血圧症候群などの病気や女性がなりやすい病気に特化しているので、医療保険より保険料が高いです。

女性保険の基本的な仕組みと保障内容

女性保険と一般的な医療保険を比べて女性保険が本当にオトクなのか、本当に自分に合った保険なのかを確認するために、加入する際は女性保険の基本と保障内容を確認しましょう。

女性保険は女性だけに多い病気の保障が厚い

女性保険は妊娠・出産に関係する病気や手術の保障が厚く、女性だけの病気以外でも保障の対象です。

健康祝い金や生存給付金(ボーナス)がもらえますが、その分が保険料になり、一般的な医療保険よりも保険料が高いです。

妊娠に関する条件などについてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので、参考にしてくださいね。

女性保険と女性疾病特約について

医療保険の特約に女性疾病特約がありますが、これは女性保険とほぼ似たような内容です。

女性保険は医療保険と女性疾病特約が一緒になったようなものです。

女性保険と医療保険の違いは

医療保険は男性・女性どちらでも加入できますが、女性保険は女性を対象としています。

女性特有の病気である 乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮筋腫、子宮内膜症や、妊娠・出産関係では帝王切開、流産、卵巣嚢腫、不妊など それ以外の病気だと、 バセドウ病、関節リュウマチ、甲状腺障害、尿管結石、低血圧、胆のう炎、膀胱炎など を手厚く保障してくれます。

女性保険は一般的な医療保険と比べて、女性特有の病気や入院給付金、手術給付金が1.5〜2倍近くで構成されています。

女性が羅漢しやすい(かかりやすい)がんのデータは以下になります。

出典元:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

女性に特化した病気については保障内容が手厚いですが、もちろん女性とは言え、人それぞれ病気にかかる部位は異なります。

だから医療保険の保険料よりも高くなるので、保険料を考えるとオトクではないです。

ここからは女性保険が本当に必要かどうか、メリット・デメリットについてまとめました。

女性保険のメリット・デメリット

女性保険のメリット

メリット1 女性特有の病気や特に乳がん・子宮筋腫の給付額が増額

乳がん・子宮筋腫は給付額が割増され、女性特有の病気にかかった場合、入院給付金や手術給付金が多くもらえます。

深刻な病気になった時は個室希望の人が多く、入院給付金が多くもらえると差額ベッド代の差額分を支払う際に助けになります。

差額ベッド代とは入院した際の部屋にかかる費用で、国民健康保険が適用されないのですべて自己負担になります。

メリット2 妊娠や出産の関連した病気にも給付される

妊娠や出産時の保障は、女性にとってはとても大事です。

帝王切開や場合によっては出産前後の入院が長引く人もいるので、こういう場合に保障が手厚いと安心です。

ただし一般的な医療保険でも帝王切開や吸引分娩の際は給付金がおります。

異常分娩の場合は保険によって保障内容が違うので確認しましょう。

メリット3 国民健康保険対象外の先進医療の保障あり

がんなどの一昔前は治りにくかった難病も先進医療の高度な治療を受けられ、高額な技術料を保障してくれるので、いざという時に使えるのでメリットと言えるでしょう。

メリット4 初めてのがんになった時の診断給付金が多くもらえる

保障内容によっては、初めてがんになった時に支払われる一時金が多くもらえます。

女性保険のデメリット

デメリット1 女性保険の保険料は医療保険よりも割高

女性保険の一番のデメリットは、一般的な医療保険よりも保険料が高めのところです。

医療保険に女性特有の病気の入院給付金や手術給付金の保障に対して保険料が上乗せされていて、保険によっては健康祝い金や生存給付金(ボーナス)、がん診断給付金が付いている場合はさらに高くなります。

デメリット2 女性のがん以外の保障が薄い

乳がんや子宮がんは保障が厚く、その他のがんについては保障は普通の医療保険と同じなので、実際どのがんになるかわからないので、別でがんの保障も考えておきましょう。

メリットとデメリットを確認した上で、どの保険に加入するかを決めてください。

手頃な価格帯でしっかり保障のオススメの女性保険

保険には入りたいけど毎月の保険料はできるだけ押さえたい!そんなあなたにオススメするのが手頃な価格帯で保障してくれる女性保険です。

毎月の収支の負担になることがなく、万が一の時に保険給付金を受け取れるので安心です。

東京海上日動あんしん生命

毎月の保険料が2000円~と手頃な価格帯で女性特有の疾患をしっかりと保障します。

病気やケガなど所定の入院の場合「日帰り」から保障してくれること、女性特有の疾患(乳がん・卵巣がん・子宮筋腫)などの場合は入院給付金を上乗せしてくれること、乳がんで乳房切除した場合は乳房再建手術給付金として100万円を給付。

さらに公的医療保険制度や放射線治療などの手術を保障、先進医療の技術料2000万円まで保障、病気によっては通院や退院後の保障など幅広くサポートしてくれる嬉しい保険です。

それでいて、悪性新生物や心疾患・脳血管疾患などにかかった場合保険料の支払いが免除になります。

女性だからこそしっかりと備えておきたい疾患についてのサポート体制が万全です。

【口コミ・評判】

悪性新生物で手術が必要になった時に加入していてよかったと思いました。

先進医療などの保障も手厚いので、治療費などを気にせずに病気の治療に専念できたのも保険に加入していたからだと思います。

など加入していたことで治療の選択肢や安心感ができたなど、評判のいい保険です。

新じぶんへの保険レディース

毎月の保険料が2000円以下から加入できる手頃な保険です。

がんや女性特有の疾患で入院した場合通常の入院給付金に上乗せして「女性入院給付金」の支払い制度があること。

日帰り入院でも給付金は5日分など短期入院にもしっかりと対応しています。

がん・心臓病・脳卒中など3大生活習慣病の入院の場合支払限度日祝が無制限となります。

他にもがんと診断された場合入院給付金額の100倍の金額を受け取ることもでき、一生上がることのない保険料などうれしいポイントがたくさんあります。

【口コミ・評判】

心臓病やがんなどの3大生活習慣病になった時に、無制限の入院保障などの長期的なサポートが人気です。

がんと診断された時の一時金も含め、安いのに満足度の高い保険といえるのではないでしょうか。

こういった保障で2000円以下からサポートを受けられるのは珍しいですよね。

手厚い保障がうれしい女性保険

保険料も気になるけどいざという時の保障の手厚さにもこだわりたい!そんな人にオススメの女性保険を紹介します。

さまざまなケースに備えているからこそ安心できますよね。

がんと診断された時だけではなく、女性特有の疾患やさまざまな病気など先のことはわからないからこそ、保障内容は特に重要です。

今の保険保障に満足できていない人は、以下の商品と比較しながら、見直してみましょう。

メットライフ生命Flexi S女性専用タイプ

女性特有の病気に関する入院保障の充実度は女性保険のなかでも断トツ1位!女性に多い病気はもちろん、がんに関しても手厚い保障がついてきます。

他にも1日あたり6000円~の「通院保障」や、一度発症すると治療が長引きやすい「がん」「糖尿病」「心疾患」「高血圧性疾患」「脳血管疾患」「肝疾患」「腎疾患」などの入院時は支払日数無制限に保障して1日あたり10000円を保障します。

また5年間継続10日以上の入院がなければ最長90歳まで何度でも受け取れる「健康祝金」などの特典もついてきます。

一生涯の保険を選びたい人や、健康で長生きしたい方にも特にオススメです。

【口コミ・評判】

掛け捨てなのに5年毎の健康祝金など支払ったお金がムダにならないのがポイントです。

お金にシビアな女性たちからの評価が高く、手厚い保障もあるのでこの保険にさえ加入していれば安心できるのも嬉しいですね。

ただ毎月の保険料が高額なのがデメリットだといえるのではないでしょうか。

医療大臣プレミアエイト「レディサポート」

フコク生命の女性保険として女性がかかりやすい病気と8大生活習慣病(がん・心疾患・脳血管疾患・高血圧性疾患・糖尿病・腎疾患・肝疾患・膵疾患)などの入院・手術を手厚く保障します。

病気になった時の一時金5万円、出産時お子様一人につき3万円の給付金、契約満了時の保険期間に応じて支払われる20万円などプランに応じて給付される金額も多く、それでいてしっかりと保障してくれるのがこのレディサポートです。

女性は男性に比べてかかりやすい病気が多く、それでいて乳がんなども年々増え続けているからこそしっかりとしたサポートが大切なのです。

【口コミ・評判】

保険に加入しているだけでいざという時の備えもしっかりとしていて、その時に応じた一時金などの嬉しいポイントが多いと主婦層からの人気が高い保険です。

出産時の一時金など他の保険会社にはないサポートもありお金が必要な時に支払われる給付金など利用したいポイントがたくさんあります。

出産のように実は妊娠時の検診代など実際になってみないとわからない費用などもあります。もしもの時に準備しておけると安心です。

女性保険は保険料が割高なので医療保険のほうがオトク

結論から言うと、女性保険は女性に特化した病気の保障が手厚くなる分、保険料が割高になるので、女性保険より医療保険がオススメです。

女性特有の病気の治療費が高いということはないので、医療費がかさんだら公的制度の高額療養費制度を使いましょう。

女性の病気には一般の医療保険でも十分対応できます。

女性保険は女性特有の病気は保障が手厚いですが、保険料は高くなります。

女性保険で保障が厚くなるのは、女性特有の病気や女性がかかりやすい病気だけです。

保険商品が違えば、女性特有の病気の範囲も異なるので、加入を検討している人はいくつかの商品を確認しましょう。

女性保険に加入するよりも医療保険のほうが無駄のない保険料になり、保障内容が広く安心です。

まとめ

いかがでしたか?女性保険にはメリット・デメリットがあります。

女性保険と一言でいっても種類がたくさんあります。どれに加入したらいいのか悩んでしまうことも多いでしょう。

なかにはがんと診断されても保障されるパターンと保障されないパターンもありますし、加入している保険会社によってもサービス内容が変わってしまいます。

それぞれの商品によって特徴が違うので、新規で加入する際は女性保険や一般保険を必ず複数を比較しながら選びましょう。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。