子どもが生まれたら

子どもにはどんな保険が必要?選ぶポイントと医療費助成の制度について

生命保険は必要なものですが、子どもにも保険が必要なのか悩みますよね。

子どもでも急に病気になったり、ケガするかもしれないので、ある程度のお金は必要です。

お金がないために適切な治療が受けられないとなれば大変なので、備えておきたいですよね。

子どもには都道府県で医療費に対して助成金が受けられますが、そうなると入る必要がないのでは?と思う人も多いでしょう。

そこで今回は、子どもに必要な保険や選ぶポイントや、子どもに保険をかけなくてももらえる医療費助成について説明します。

この記事をお読みいただければ、あなたの子どものためにどんな保険に加入したらいいかわかるでしょう。

子どもに必要な保険の種類は?

生まれたばかりの赤ちゃんは食べて寝るだけですが、そのうち大きくなって学校に通うようになると、何かとお金がかかるようになってきます。

子どもが将来に向けて進学を考えた時にお金がないから・・・ということにならないように学資保険に入る人は多いです。

ここからは数ある保険の中から、子どもに必要な保険を紹介していきます。

学資保険

子どもの将来のことを考えて、最も多くの親御さんが検討している保険が学資保険です。子どもが将来、自分の目指す道に進めるように学資保険に入ります。

学資保険ならば契約者である親が死亡や病気などで保険料を払うことができなくなったら、保険料の支払いが免除されて、保険金はそのまま満期になったら支払われるので安心です。

学資保険は少しでも早く加入したほうがよいと言われています。早く入れば支払額が下がるので、妊娠中から入る人も多いです。

大きくなるまで子どもが大学まで行くかはわかりませんが、そのための準備は赤ちゃんのうちからしておきましょう。

医療保険

子どもの医療保険にはいろいろな種類があります。

子ども向けや大人と同じタイプもありますが、医療保険として基本的なものは大人も子どもも入れる一般の終身医療保険です。

終身の保障がついているので子どもは一生安心ですし、小さいうちから入れば月々の保険料は低くおさえられます。

地域によって対象の年齢などは異りますが、子どもが小さなうちは乳幼児医療証などが発行されるために医療費はかかりません。

だから病気の時に安心できるように、医療保険に入る必要ないように思えますが、子どもの病気でかかる費用のすべてが医療証でまかなえるわけではありません。

差額ベッド代や母親が付き添う場合のベッド代、または病院に通うときの交通費などは健康保険の適用外なので医療保険も必要です。

医療証で賄われる部分があり、高額の保障がついている医療保険は特に必要ないですが、健康保険の範囲外の費用をまかなえられる程度の額の保障はつけたほうが安心です。

家計に余裕があれば加入したい3つの保険

親なら、子どものために十分な保障を準備しておきたいという思いはあると思いますが、あくまでも家計の状況に応じて、ムリのない範囲で加入しましょう。

ここからは、家庭の必要に応じて加入したい保険を紹介します。

傷害保険

子どもがちょっと大きくなって外に出るようになると、ケガはつきものです。

走ってころんだ時に骨折したり、うっかり火を触ってやけどするなど、大きなけがをすることもあります。

そんなときに入っておくと安心なものが傷害保険です。傷害保険は子どもの医療保険にプラスするカタチでつけられます。

元気な子どもならなおさら、いつどこで大きなけがをするかわからないので、大丈夫だと思っても将来の安心のために傷害保険をつけておきましょう。

個人賠償責任保険

まだ小さな子どもが特に故意ではなかったにしても、他人に損害を及ぼしてしまうことがあります。

  • キャッチボールで遊んでいた時にうっかり通行に当ててしまってケガをさせてしまった
  • 買い物をしていて商品を傷つけてしまった

ということはいつ起きてもおかしくないことです。

それほど大きな問題にならないかもしれませんが、遊んでいて友達の家をカーペットを汚してしまうなど、子どもにはよくある話です。

そんな時に利用できるのが「損害賠償保険」です。トラブルが起きた場合、相手と示談の交渉もしてもらえるので、問題が起きた時に入っておくと安心の保険です。

損害賠償保険は特約でつくことが多い保障なので、保険に入る時に損害賠償保険の特約がついていないかチェックしましょう。

がん保険

子どもでも小児がんなどのがんにかかる可能性があります。

万が一、ガンに発症したときの治療費のことなどを考えて、子どもにがん保険をかける人は多いです。

たしかに現在、子どもで甲状腺のガンにかかる数は増えていて心配な面もあります。

ところが子どもがガンにかかった場合は、医療費の助成制度を利用できるため、治療費はほとんどかからないことが実状です。

もちろん、治療費以外にかかるお金が多いことも事実です。

子どもがガンにかかった場合は親が付き添うことが多いので、保護者の宿泊代なども必要になってきます。

親の看病をするとなれば、その間は働くこともできなくなるために、多かれ少なかれ家計の収入にも影響が出ます。

医療費以外の支出を考えると、子どものがん保険もある程度は必要と考えられます。

子どもが生まれたら親が必ず加入したいのは生命保険(死亡保険)

子どもが生まれたら、まず親が生命保険(死亡保険)加入しておいたほうがよいです。

一家の大黒柱に何かあれば、残された家族、子どもは生活費や学費が必要になるからです。

子どもが自立するまでの間は、必要な保障額を計算して、掛け捨ての生命保険にしておくと安心です。

子どもが死亡保険に加入する場合

死亡保険には終身保険と定期保険がありますが、掛け捨ての安い保険料で保障を受けれるところが死亡保険のメリットです。

子どもが加入する場合は、生命保険(死亡保険)は以前は5歳以上からしか加入できないものも多かったですが、最近では0歳でも加入できる生命保険(死亡保険)が出てきました。

親が保険料を払い続けるというデメリットもありますが、大学に入学する時に解約すれば学資金としても使えます。

貯蓄性を考えるならば養老保険です。貯蓄性が高く解約した場合の変換率も高いので、満期を大学入学に調整して、学資金としても利用する人は多いです。

しかし子どもが受け取る年齢になる頃には、インフレで保険の価値が下がってしまっている可能性もあります。

学資保険を選ぶ時の4つのポイントとは? 

ここからは多くのママさん・パパさんから一番注目度が高い、学資保険を選ぶポイントを紹介してきます。

ポイント1 学資保険に入る目的を確認しておく

学資保険にはたくさんの種類があり、それぞれ特徴があります。

どの保険が自分たちに合っているかを考えるためには、何のために学資保険に入ろうと思っているのか、自分の目的をはっきりさせるべきです。

子どもの学費が払えない事態を避けるために貯蓄目的で入るのか、子どもが大きな病気をした時の備えとして入るのか、目的を確認して、保険の内容と付け合わせるべきです。

子どもが将来どのような道を選ぶかは分からないにしても、シュミレーションをして、いつどのぐらいのお金が必要かを知っておきましょう。

ポイント2 教育資金が必要な年齢がいつかを間違えない

学資保険は満了期を迎えると、まとめて保険金が下りるように作られています。

ところがその時期を間違えると、本当に必要としている時期に保険金が下りないという結果になるので、教育資金が必要な年齢と満了期が合っているかを確認することが必要です。

公立の学校に通っている間は学費もそれほど必要がありませんが、私立に通わせたいなら小学校からある程度の資金を用意しなければいけません。

小学校、中学校、高校、大学と子どもたちにどのような道を用意するか、よくわからないとしてもシュミレーションしてください。

一番お金がかかるだろう大学入学時に満了期をむかえるように契約しましょう。

ポイント3 保険料は無理なく払える程度か考える

子どもが大きくなるまではしばらくの時間がかかるので、ムリな保険料は払えません。

赤ちゃんのうちに学資保険に入った時にはお金に余裕があるかもしれませんが、子どもが学校や塾に入れば、出費が多くなるため保険料の支払いが厳しくなるかもしれません。

保険加入時には今払える金額で保険料を考えてしまうかもしれません。

何年も払い続けることになるので、これから塾などに通うことになっても払い続けられると確信できる保険料で保険を選んでください。

ポイント4 契約者死亡時の保障も考える

親が元気で働いている間は保険料を支払い続けられるので問題はありません。

ところがもし死亡や病気などで保険料を払うことができなくなったら、保険はどうなってしまうのかを確認しておくことは大切です。

契約者である父親が死亡した後に保険料の支払いは免除されて保険はそのまま継続されるのか、それとも死亡保障が付いていて死亡保険金というカタチで保険金が支払われるのか、保険によって保障は異なります。

親に何かがあったときでも子どもが学校に通い続けられるように、契約者死亡時の保障についてしっかりチェックしましょう。

学資保険は加入後も見直しが必要

学資保険に加入したら終わりではなく、ライフイベントごとに見直しが必要です。

たとえば第二子が生まれた時は生活費も変わってきて、教育費も増えます。

第一子が生まれたときのままの保障内容では保険金が足りなくなってしまうので、家族が増えたら学資保険は見直して契約し直すしたほうがよいです。

保険商品は常に新しいものが発売されます。今の時代に合うもの、またはこれからの時代に合うものを保険会社では次々に発売しています。

同じ保険料で現在入っている保険よりも、保障内容は充実しているものもあるでしょう。

これまで保障内容に含まれていなかったものが後から含まれることもあるので、学資保険は子どもが増えていなくても見直しをして、比較検討してより良いものを選ぶべきです。

学資保険に加入するメリットとデメリットとは 

学資保険は加入すればよいというものではなく、加入してからメリットとデメリットがあるので確認しておきましょう。

学資保険に加入するメリット

学資保険の一番のメリットは教育資金を貯えられることです。

子どものために教育費が必要だとわかっていても貯金できず、子どもの将来に不安を感じることもあるでしょう。

しかし保険という形で毎月決まった額を積み立てしていれば、必要な時に必要な額が用意できるので安心です。

親がもし死亡した時に子どもの学費は確保できるところも学資保険の大きなメリットです。

親が死亡しても保険会社に保険金は保障してもらえるので、将来に対する不安はなくなります。

学資保険に加入するデメリット

子どものための保険の場合は保険金が払えないなどの理由で解約せざるを得なくなった時は保険を中途解約する人もいます。

ところがその時に戻ってくるお金は、これまで払った金額よりも低くなることが多いです。

貯蓄のつもりで学資保険に入ったのに、戻ってくる金額が少ないと損することになります。もし何かの理由で支払いが滞ってしまった時、学資保険は自動的に解約になることが多いです。

これまで払ってきたのに解約したら折角支払った保険料がムダになるので、保険は解約にならないように払い続けないといけないので厳しいです。

子どもの将来のために学資保険は効果的

子どもの将来についてはまだわからなくても、親としては準備しなければいけません。

貯蓄が得意な人は必要ないかもしれませんが、やはり子どもの将来の学費を貯蓄することは難しいです。

「余っているとつい使ってしまう」という貯蓄が不得意な人は特に、将来についての悩みを解消するには学資保険に入っておきましょう。

無理なく払い続けられる保険料で、保障がしっかりしている保険を選んでください。

子どもの医療費助成の制度とは? 

子どもの医療費助成はそれぞれお住いの自治体によって異なります。

なかには高校3年生になるまで通院や入院が無料になる地域や、22歳まで無料としている地域も。

少なくとも中学3年生までは入院費や通院費をほぼ無料としている地域は多いです。

医療費の助成は、まず都道府県が助成をして、その後に市区町村が女性を上乗せするカタチになっています。

ただし医療費の助成は、子どもが入院や手術をした場合のすべての費用に対して行われるのではありません。

紹介状なしに大きな病院を受診した場合の初診の費用、入院したときの食事代、個室などに入った場合の差額ベッド代など、助成の対象外のために親が支払わなければならない費用はいろいろとあります。

また医療費助成には保護者の所得制限がかかっています。

だから親の所得が一定の金額以上だった場合は、子どもに医療費がかかっても医療費の助成は受けられません。

医療費の助成については地方によって違いがあるので、わからない人は一度お住いの地域の医療費助成制度について役所などに聞いて確認しておきましょう。

子どもの保険は社会保障制度などを確認してから加入しよう

子どもの将来を考えると、学資保険に入っておいたほうがよいです。

しかし、日本は社会保障制度も充実しているため、入った保険の内容を見ると保障が重複してしまっていることも。

いくつか保険に入っていても、一つ一つの内容をよく確かめていないことが多いです。

子ども保険に入る時は、今現在家庭で入っている保険や地域の社会保障制度の内容を確かめ、保障内容が重複していないか調べてから加入するようにしてください。

結論としては子どもに一番必要な保険は学資保険

子どもがどんな道を選ぶにしても、教育費用を考えると学校を卒業するまでにかなりの額のお金が必要になります。

学資保険を子どもが生まれてすぐにかけておけば、これから先に子どもが何になりたいと言った時でも、お金を気にすることなく、親として子どもの応援をできるでしょう。

所得の制限がかけられていても医療費の助成制度があるので、子どもが病気やケガで入院や手術を受ける時の医療費はそれほど多くはかかりません。

そう考えると、子どもに医療保険やがん保険、死亡保険を無理してまでかけるかどうかは悩むところですが、できれば子どもにつけておきたい保険は学資保険です。

もう一つ、子どもがいる場合に入っておきたい保険は「損害賠償保険」です。

子どもは物を壊してしまったり、うっかり人にケガをさせてしまうことも。損害賠償保険は特約で、いろいろな保険につけられるので、よく検討してください。

まとめ

いかがでしたか?子ども保険は加入前に必要な保険を確認しておき、慎重に選ぶ必要があります。

家庭の予算によっても異なりますが、家計でやりくりできる範囲で子ども保険の保障内容を考えましょう。

子どもがいる家庭は学費が必要になるので、子どもが赤ちゃんのころから準備しておくのに越したことはありません。

ソニー生命のライフプランナーは保険の専門家なので、相談すればあなたの家庭にあった保険料で学資保険を教えてくれるでしょう。

ABOUT ME
FPももか
保険比較ラボのFP(ファイナンシャルプランナー)岡野ももか。元保険販売員の経験を生かして、初心者や女性に向けて、わかりにくい保険選びを無駄なくお得に見直しする方法をわかりやすく紹介。
関連記事
子どもが生まれたら

ベビーグッズで人気なものとは?育児ママにオススメのベビーグッズ13選

2019年8月9日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
毎日家事に育児に大変なママさんたちを心から応援します! どんなに忙しくても可愛い赤ちゃんは、ママがいないと生きていけず、いつもママの背中を目 …
子どもが生まれたら

子どもが生まれたらすることや手続きは?学資保険や保険の見直しなど

2019年6月12日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
子どもが生まれたときにどんな手続きをしたらいいのか、はじめてのことばかりで戸惑うことも多いのではないでしょうか。 大切なわが子のためにもど …
子どもが生まれたら

赤ちゃんの銀行口座は必要なの?必要書類や申し込み方法、オススメの口座をFPが説明

2019年12月20日
学資保険比較ラボ | ソニー生命の学資保険の口コミ・評判、デメリット、返戻率を現役FPが比較した人気ランキング
生まれた赤ちゃんのために、専用の銀行口座を作ってあげたいと思っているパパ・ママもいるのではないでしょうか。 巷では生まれたときの体重を口座 …